自分で飲食店を開業するなら知っておきたい情報

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々なチャンスをゲット

クレジットカード

クレジットカード決済を取り扱うことで集客に大きな好影響を与えることができます。集客力向上や販売チャンスの拡大、売上単価をアップさせるなどの要素を必然的に獲得することができるのです。またコスト削減にも寄与します。

View Detail

集客に工夫を

治療

柔道整復師の資格を持っていれば、整骨院を開業することができます。柔道整復師の施す治療には、保険診療適用可能となる治療と、自由診療となる治療があります。開業して高い収入を得るには、広告の工夫や自由診療の充実による利益率の向上などが必要になるでしょう。

View Detail

資格が必要です

レストラン

必要な資格があります

飲食店を開業するにあたって、調理師免許は必要ありません。よく、飲食店を開業するには調理師免許が必要だと誤解している人がいますが、必要な資格は、「防火管理者」と、「食品衛生責任者」の二つです。飲食店では、食品衛生上の管理運営に当たるために、食品衛生責任者を各施設に必ず一人は置かなければならず、開業の際には保健所にその届け出が必要です。食品衛生責任者になるには、受講料が10000円程度の講習を受講する必要があり、それらの講習は各都道府県で実施されています。また、飲食店を開業するには、様々な手続きが必要となってきます。業種によって手続きが異なってきますが、主な手続きとしては、消防署や保健所への届け出です。

企業が手伝ってくれます

最近では、飲食店を開業したいという人をサポートする企業などもあり、そういった企業があることを知っておくと、開業の際に大変役立ちます。飲食店の開業に当たって、まずは物件探しから始まりますが、そういったことを手伝ってくれるところもあります。他にも、内装や施工、厨房などの見積もりも、手伝ってくれる企業もあります。また、客単価や粗利率などを考え、メニューデザインについても提案してくれるところもあります。他にも飲食店を経営していく上で重要なことは数多くあります。その店をどのような店にしたいのか、客層や客単価、営業時間や定休日、外観、客席など、店のコンセプトを考えなければなりません。そういった時、それらのことを手伝ってくれる企業があることを知っておくことは重要です。

独特な魅力を出す

バリスタ

気軽に開業することができるお店がカフェですが、最近流行の大手の参入には気を付けなければなりません。大手と同じことを行っても勝つ見込みはないのです。そのため独自路線を持ったこだわりのカフェを作ることが大事なポイントです。

View Detail